イタリアのすすめ

イタリアについてのあれこれを書き綴ったブログです。時々本業のクラシック音楽についても語ります。どうぞよろしくお願いいたします。

【奇跡のテノール】アンドレア・ボチェッリの名曲

 

映画「奇跡のテノール」の主人公で、イタリア人テノール歌手の、

Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)をご存知ですか?

 

アンドレア・ボチェッリのプロフィール、そして、数あるアルバムの中から特に素敵な作品をご紹介いたします。

 

 f:id:miketta-violinista:20210225094554j:plain

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

アンドレア・ボチェッリの略歴と代表的な曲

 

 Andrea bocelli(アンドレア・ボチェッリ)は、

 1958年9月22日、トスカーナ地方ピサ近郊の村ラジャティロで生まれました。

 

 イタリアを代表する人気テノール歌手のひとりです。

 

f:id:miketta-violinista:20210603160512j:plain

イタリア中部、トスカーナ地方は

キャンティをはじめとした、ワインの名産地

 

キャンティワインの故郷、イタリア中部のスカーナ地方で、父親のサンドロは、Chianti Bocelliというワインを製造しています。

 

 

f:id:miketta-violinista:20210603160423j:plain

キャンティワイン

(イメージ)



 アンドレア・ボチェッリは、6歳の時ピアノを始め、その後フルート、サックスなども学びます。

 

歌うことも大好きで、「オペラ」にとても興味をもっていました。

 

先天的に視覚障害がありましたが、12歳の頃、友人達とサッカーをしていた時に、運悪くボールが頭に当たって脳内出血を起こし、その数日後に完全に視力を失ってしまいました。

 

しかし、そんな苦難にもめげず、常に前向きだったアンドレアは、ピサ大学の法学部に進み、法学博士の学位を取得。

 

f:id:miketta-violinista:20210603174645j:plain

ピサの斜塔


1年ほど弁護士として働きますが、歌手になることへの夢をあきらめきれず、弁護士の仕事を続けながら、夜はピアノ・バーなどで弾き語りも始めました。

 

そんな折、1992年に、イタリアのポップス・ロック界のスーパースター、Zucchero(ズッケロ)が募集していたオーディションに見事パスします。

 

その時、偶然デモ・テープを聴いたパヴァロッティが、ボチェッリの歌に感銘を受け、後に、3大テノールでお馴染みパヴァロッティとデュエットすることになります。

 

 

 パヴァロッティ、ズッケロなど豪華メンバーとの共演「ミゼレーレ」 

 

 

 

 

ボチェッリのデビューアルバム「Il mare calmo della sera」(夕べの静かな海)より。 

 

 

 

 

1994年、サンレモ音楽祭で、新人部門で優勝。

その翌年の1995年、「Con te partiro’(君と旅立とう」)を歌って絶賛されました。

 

「Con te partiro' 」君と旅立とう アップルミュージックより >> 

 

  

 

「Con te partiro’」(君と旅立とう)歌詞(抜粋)

(日本語訳は、私の直訳ですが、ご参考まで)

 

Quando sono solo
sogno all'orizzonte
e mancan le parole,
Si lo so che non c'è luce
in una stanza quando manca il sole,se non ci sei tu con me, con me.

 

ひとりでいる時

地平線を夢見る

しかし、言葉が見つからない

そうさ、君が僕のそばにいないなら、

太陽のささない部屋の中には、

光が無いことを僕は知っているよ

 

Su le finestre
mostra a tutti il mio cuore
che hai acceso,
chiudi dentro me

la luce che
hai incontrato per strada.

 

窓の上で

みんなに、君が灯をつけた僕の心を見せておくれ

君が道端で出会って僕の中に閉じ込めたその光を

 

Con te partirò.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso si li vivrò,
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
con te io li vivrò.

 

君と旅立とう

僕が見たこともない、暮らしたこともない街へ

今そこで暮らすのだ

君と旅立とう

船に乗って、海を越えて

僕は分かっている

それも今では存在しないということを

君となら僕は生きていけるだろう

 

 

この曲は後に、「オペラ座の怪人」や「キャッツ」で圧倒的な人気を誇る歌姫、サラ・ブライトマンとのデュエットで、「Con te partiro’」の英語版「Time to say goodbye」をリリースし、更なる大ヒットを記録します。

 


www.youtube.com

YouTubeより引用させていただきました)

 


1996年11月には、ドイツの国民的ボクサー、ヘンリー・マスケの引退試合サラ・ブライトマンとデュエットで「Time to say goodbye」を歌い、ドイツでもヒットチャートのトップを14週間もキープ。

シングル・セールスは、300万枚を記録!

 

f:id:miketta-violinista:20210604172925j:plain

 

 

 

2006年に開催された、トリノ・オリンピックの閉会式で、「Because we believe」を歌いました。

 

「Because we believe」アップルミュージックより >> 

 

 

f:id:miketta-violinista:20210604175106j:plain

Torino

f:id:miketta-violinista:20210604175128j:plain

 

 

2019年には、最高峰のテノール歌手として、今や世界でも有名になったボチェッリが、自ら書き起こした「奇跡のテノール」が映画化されました。

 

「奇跡のテノール」動画

YouTubeより  


www.youtube.com

 

 

 

2020年、新型コロナウイルスにより、緊急事態宣言でロックダウンとなったミラノのドゥオーモ(大聖堂)で無観客コンサートを開きます。

 

 「アメイジング・グレイス」など5曲を歌い、YouTubeで全世界にストリーミングされたのは記憶に新しいですね。

  

f:id:miketta-violinista:20210603170200j:plain

Duomo(Milano)

 

 ミラノ大聖堂での感動的なコンサート ♪

冒頭のボチェッリのメッセージが、胸に沁みます!( ;∀;)

 

アメイジング・グレイス」歌詞:英語(スペイン語字幕あり)


www.youtube.com

YouTubeより引用させていただきました)

 

 

 

 

おすすめシングル曲あれこれ

アルバム「Romanza」(ロマンス)より

 「Con te partiro’」「Caruso」「Vivo per lei」などの、名曲がつまったアルバム「Romanza」(ロマンス)

 

 

 

 

 その中から、独断と偏見で選んだイチオシはこちらです。

 

  • 「 Caruso」(カルーソ)

  

 

 

 「Caruso」歌詞(抜粋)

Qui dove il mare luccica

e tira forte il vento

su una vecchia terrazza

davanti al golfo di Surriento

un uomo abbraccia una ragazza

dopo che aveva pianto

poi si schiarisce la voce e ricomincia il canto.

 

海が輝くここで

古いテラスに強い風が吹きつける

ソレント湾の前で

ひとりの男が少女を抱きしめる

泣いていたが、その後で

咳払いをして、また歌いはじめる

 

Te voglio bene assaje

ma tanto tanto bene sai

è una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai.

 

君をとても愛しているよ

とてもとても愛しているよ

今や、血管の中で血液をとかす鎖となっている

 

 

  • Vivo per lei」(君のために生きる)

 この曲は、Giorgia(ジョルジャ)とのデュエットで大ヒットしました。

 

 

 「Vivo per lei」(彼女のために生きる)歌詞(抜粋)

 

Vivo per lei da quando sai
la prima volta l'ho incontrata,
non mi ricordo come ma
mi è entrata dentro e c'è restata.

Vivo per lei perchè mi fa
vibrare forte l'anima,
vivo per lei e non è un peso.

 

彼女に初めて出会ったその日から、

彼女のために生きているのさ

なぜかは覚えていないけれど

僕の中に入り込んでそのままになっている

彼女のために生きる

彼女は僕の魂を震わせるから

彼女のために生きることは、僕には重荷にはならない

 

 

アルバム「Sogno」(夢)より

 

 

 

 

 

 セリーヌ・ディオンとのデュエットのこちらの曲が、本当に素敵です! 

 

 

「The Prayer」歌詞(抜粋)

I pray you'll be our eyes,

and watch us where we go
And help us to be wise,

in times when we don't know
Let this be our prayer,

when we lose our way
Lead us to the place,

guide us with your grace
To a place where we'll be safe.

 

 

どうか、私たちの目となって

ゆく先々で私たちを見守り、この祈りを聞いてください

私たちが道を見失ったとき、賢い決断ができますようお導きください

 

あなたのお慈悲で、私たちを安全なところへお導きください 

 

さいごに

ボチェッリの歌声を聴いていると、「美しい音楽は人を幸せにする」ということをしみじみ感じさせてくれるアーチストだなと思います。

 

 たくさんのボチェッリの名曲の中から、ほんの一部をご紹介になってしまいましたが、みなさまのお気に入りは見つかりましたか?

 

 

 Buon ascolto!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

「アップルミュージック」についての詳細はこちらからご覧になれます>>

(3ヶ月間無料で、7,500万曲が聴き放題です ♪ )

 ↓ ↓ ↓

App Icon Apple Music

 

 

 

 

 

スポンサーリンク