イタリアのすすめ

イタリアについてのあれこれを書き綴ったブログです。時々本業のクラシック音楽についても語ります。どうぞよろしくお願いいたします。

コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)作り方&シュニッツェルとの違いは?


今回は、日本でもお馴染みのイタリア料理「ミラノ風カツレツ」をご紹介いたします。

 

日本の「トンカツ」と似ていますが、ちょっと違った部分もありますので、その点についても少し触れながら、レシピと一緒にご紹介したいと思います。

 

f:id:miketta-violinista:20210115192110j:plain

ミラノの中心街にある壮大なドゥオーモ

 

f:id:miketta-violinista:20210212174038j:plain

美しいナヴィリオ地区

 

ミラノの伝統料理コトレッタとは、どんなもの?

ミラノ風カツレツは、もともと「骨付きの仔牛肉のリブロース(コストレッタ)」を使って作られていました。

 

日本人の私など、ミラノ風カツレツと聞くと「薄くて平べったい大きなサイズのカツレツ」を真っ先に思い浮かべてしまいますが、本家本元の物?は、ちょっと違ったものだったのです。

 

ちなみに、「骨付きではないカツレツ」の方は、Cotoletta(コトレッタ)と呼ばれています。ちゃんと分類されているのですね?!(細かっ!)

 

このレシピ発祥の地ミラノでは、Costoletta(コストレッタ)と呼ばれている「骨付きカツレツ」、昔ながらの伝統的なレシピで出すレストランが今でもあります。

 

f:id:miketta-violinista:20210212173758j:plain

コストレッタ用の、分厚い「骨付き」リブロース

 

 ミラノ市では、市公認のご当地料理を、「Denominazione Comunale」と呼び、この公認料理のひとつであるミラノ風カツレツの公式の名称は、「Costoletta alla milanese(コストレッタ・アッラ・ミラネーゼ)」と呼ばれています。

 

なにやら厳格な感じですね! (゚Д゚;)

 

イタリアワインのラベルなどにも、

D.O.C.(Denominazione di Origine Controllata :原産地認定)とか、

D.O.C.G.(Denominazione di Origine Controllata e Garantita:こちらは”保証付き”原産地認定)

など書かれているものを目にされたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

f:id:miketta-violinista:20210212163624j:plain

原産地認定されていないワイン、テーブルワインの中にも、

美味しいものが見つかることが多いです ♡

 

一見、大雑把に見えるイタリアの方々(失礼!)も、こういう細かいところに、けっこうこだわりをもっていて驚かされることが多いです。(^^;)

 

 

f:id:miketta-violinista:20210210180058j:plain

イタリアの人々は、ワインの味はもちろん、

産地へのこだわりも相当なもの!

 

f:id:miketta-violinista:20210210180239j:plain

素材に対するこだわりが、美味しいものを作り出す秘訣なのかもしれませんね!

 

f:id:miketta-violinista:20210210180858j:plain

なんと!チーズにも格付けがあります( ゚Д゚)

 

ちょっと、ミラノ風カツレツから話がそれてしまい、すみません。

 

ヨーロッパ各地に広まった、ミラノ風カツレツ

その後、フランスでも「カツレツ」は人気を集め、アレンジされて、骨付き肉ではない肉をバターを使って揚げ焼きにするカツレツが作られるようになりました。

 

f:id:miketta-violinista:20210212174249j:plain

ウイーン風カツレツ、シュニッツェル

 

ウイーン風カツレツ(Wiener Schnitzel)も、このミラノ風カツレツが起源で、15~16世紀頃ウイーンに伝わったと言われています。

 

その他、諸説あって、あのヨハン・シュトラウス作曲の「ラデツキー・マーチ」でお馴染み、ラデツキー元帥が、1800年代半ば頃、北イタリアの独立運動鎮圧のためイタリアに向かい、その後ミラノから持ち帰ったコストレッタが、シュニッツェルとしてウイーンで広まったとも言われています。

 

f:id:miketta-violinista:20210212164405j:plain

ウイーン シェーンブルン宮殿

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 

Cotoletta alla milanese【材料】(2人分)

  • 牛肉薄切り(本家本元では仔牛肉を使用)    200g
  •  卵                       1個
  • パン粉                    適宜
  • 塩、コショウ                                            少々
  • レモン                                               1個
  • バター(お好みで)                                         適宜
  • サラダオイル                                            適宜

 

f:id:miketta-violinista:20210212164906j:plain

 

【作り方】

 ①パン粉をフードプロセッサーなどで細かくしておきます。

 

f:id:miketta-violinista:20210212163043j:plain

 

②肉に、軽く塩コショウしておきます。 

 

(今回は、牛肉の薄切り肉を使いましたが、豚カツ用の厚めの豚肉を使う場合には、肉叩きなどでたたいて薄くのばしておきます)

 

f:id:miketta-violinista:20210206170620j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210212175326j:plain

 

③溶き卵に肉をつけます。

 

(イタリアのフライ 料理では、小麦粉をまぶさず直接溶き卵をつけてしまいます。)

 

f:id:miketta-violinista:20210212164732j:plain

 

 ④パン粉をつけます。

 

f:id:miketta-violinista:20210212164509j:plain

 

 ⑤バターとサラダオイル(またはオリーブオイル)をフライパンの底から1cm くらいまで入れ、火にかけます。

 

f:id:miketta-violinista:20210212164800j:plain

 

 

⑥フライパンの油が充分熱くなったら、肉を入れ揚げ焼きにします。

 

f:id:miketta-violinista:20210212164816j:plain

 

 ⑦両面がきつね色に焼けたら、キッチンペーパーを敷いた皿に取ります。

 

f:id:miketta-violinista:20210212164906j:plain

 

お皿に盛り付けて、レモン汁をぎゅっと搾って、アツアツのうちにいただきま~す!

 

そういえば、イタリアには日本のとんかつソースのような調味料は無く、フライには塩とレモン汁をかけて頂くのがポピュラーなのですが…

日本に演奏旅行などで来て、焼きそばやお好み焼きで「ソース」の美味しさを知ってしまった?!美味しいものに目がないイタリアの友人達は、日本のソースも大好きです!(*^▽^*)

 

f:id:miketta-violinista:20210212181149j:plain

ミラノの市内を縦横無尽に走る、トラム

 

f:id:miketta-violinista:20210212181453j:plain

ドーム型のガラスの天井が美しい

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

 

ミラノ 関連記事

miketta-violinista.hatenablog.com

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp