イタリアのすすめ

イタリアについてのあれこれを書き綴ったブログです。時々本業のクラシック音楽についても語ります。どうぞよろしくお願いいたします。

【1度に2品出来る時短レシピ】圧力鍋で簡単!骨付きチキンのポトフ

12月に入って、ずいぶん寒くなってきましたが、

みなさまお住まいの地域は、いかがですか?

 

本日は、

冬の寒さが厳しい北イタリアに住んでいた頃によく作っていた、

心も体も温まる?!冬の定番メニュー「Brodo di pollo(チキンスープ)」

をご紹介いたします。

 

この料理は、

お鍋に材料を入れて煮込むだけ。しかも、1度に2品出来る時短レシピです!

 

「今日は忙しくて疲れちゃったし、何か作るのは、面倒だなぁ~」

という時などに、ぜひ参考になさってくださいませ。

 

f:id:miketta-violinista:20210118172204j:plain

 

 


スポンサーリンク 

 

 

 

 

 

 

チキン・ポトフ【材料】(4人分)

 

f:id:miketta-violinista:20210118172413j:plain

 

  • 鶏骨付き肉        500 g
  • 玉ねぎ          2個
  • にんじん         1本
  • セロリ(無ければ省略可) 1本
  • ローリエの葉       1枚
  • 白ワイン(料理酒)    適宜
  • 塩、コショウ       適宜
  • 水            適宜 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

作り方

 

 ①圧力鍋(または、深鍋)に骨付き鶏肉、野菜を入れて、材料がひたひたになるくらい水を入れます。

 

f:id:miketta-violinista:20210118175933j:plain

 

 

②塩、コショウを加えます。

 

f:id:miketta-violinista:20210118180123j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210118180146j:plain

 

 

ローリエの葉も加えます。

(無ければ省略可です)

 

f:id:miketta-violinista:20210118180239j:plain

 

 

④白ワイン(安い物でOK)または、料理酒 を加えます。

 

f:id:miketta-violinista:20210120111932j:plain

 

 

⑤圧力鍋のフタをして始め強火にして、シューという音がしたら、弱火にして20分ほど煮込みます。

 

(圧力鍋を使用しない場合は、フタをして鶏肉が充分柔らかくなるまで、40~50分煮込んでくださいね)

 

f:id:miketta-violinista:20211204153458j:plain

 

 

⑥火を止めてしばらく置いて、鍋の圧力が下がるまで蒸らしておきます。

 

 

f:id:miketta-violinista:20211204153548j:plain

 

 

⑦お皿に盛り付けて出来上がりです。

 

お好みで、パルミジャーノチーズチーズをたっぷりとふりかけると、さらに美味しくいただけます!

 

アツアツをお召し上がりください。

 

f:id:miketta-violinista:20210118172204j:plain

 

 

 応用編

この鶏の煮込みスープは、スープとして一品でいただくだけでもいいのですが、

鶏肉と野菜を、スープから取り出してお皿に盛れば、立派に?メインの一皿になります。

 

そのままでも美味しくいただけますが、

イタリアでは、ゆでた鶏肉にマヨネーズをつけて食べるのが好きな人(マヨラー?!)が多いです。

( *´艸`)

 

「スープ」は、

人数分を別の小鍋に入れて火にかけ、沸騰してきたら、かきたま汁の要領?で、

パルミジャーノチーズのすりおろしを加えた溶き卵」を入れると、美味しい卵スープに変身。

 

その他、

「スープ」はリゾットを作る時に、「コンソメスープ」として加えると、とてもおいしいリゾットに仕上がりますので、ぜひお試しくださいませ!

 

 

簡単リゾットのレシピの記事はこちらです👇

よろしければ参考になさってくださいね。

 

miketta-violinista.hatenablog.com

 

 

体の芯からぽかぽか温まるスープで、冬の寒さを吹き飛ばしてくださいませ。

 

 

それでは、いただきま~す!

 Buon appetito!

 

 

 

 最後までお読みくださりありがとうございました。