イタリアのすすめ

イタリアについてのあれこれを書き綴ったブログです。時々本業のクラシック音楽についても語ります。どうぞよろしくお願いいたします。

イタリア友人直伝プーリア州の伝統料理【たまねぎの詰め物入りフォカッチャ】レシピ

 

南イタリア・プーリア州の伝統料理、Focaccia ripiena con la cipolla(たまねぎの詰め物入りフォカッチャ)の作り方をご紹介いたします。

 

フォカッチャとは、通常は小麦粉、オリーブオイル、塩、イーストで作ったパンのようなものですが、プーリア伝統の、Focaccia ripiena con la cipolla(たまねぎの詰め物入りフォカッチャ)は、その名の示す通り、たまねぎその他の具材を詰めて焼いたトルタ・サラータ(塩味タルト)に似たお料理です。

 

中に詰める具材は、「たまねぎ」「アンチョビ」「ブラック・オリーブ」で、最後に生地でフタをした後、オリーブオイルを塗り、お砂糖をふりかけるのが特徴です。

 

赤たまねぎを使うとさらに美味しく出来ます。

春のこの時期なら、甘くて柔らかな新玉ねぎを使うのも良いですね!

 

f:id:miketta-violinista:20210331160559j:plain

南イタリア・プーリア州の伝統料理

たまねぎの詰め物入りフォカッチャ

(こちらは、本家本元イタリアの友人作のフォカッチャ)

 

 

南イタリア・プーリア州にある

アルベロベッロ

三角錐の屋根の家「トゥルッリ」で有名な街

 

f:id:miketta-violinista:20210401194052j:plain

日本人の私が、伝統を受け継ぎ???再現した

 Focaccia ripiena con la cipolla

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

【材料】(天板1枚分)

詰め物【材料】

  • たまねぎ                  450g 
  • ブラックオリーブ(種抜き、小粒)         25個 
  • アンチョビ                 少々  
  • 砂糖                    小さじ1杯          

 

フォカッチャ生地【材料】

  • 薄力粉             150g
  • 強力粉             150g
  • オリーブオイル         大さじ6杯
  • 塩               8g
  • ぬるま湯            170~180ml

 

イーストを使わない生地ですので、発酵させる手間が無く、簡単にできます。)

 

【作り方】 

【準備】

  • 天板にオイルを塗っておきます。
  • ぬるま湯を用意しておきます。

 

 

①まず、鍋にオリーブオイル、たまねぎのスライスを入れて、しんなりするまで炒めます。

 

(下記の写真のように、イタリア人は、オイルをたっぷり入れて炒めます)

 

f:id:miketta-violinista:20210331155634j:plain

 

 

②麺台、またはボウルに小麦粉を入れ、真ん中にくぼみを作っておきます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155610j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210331155652j:plain

 

 ③くぼみにオリーブオイルを流し入れ、塩少々も加えます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155707j:plain

 

 ④手で混ぜ合わせます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155722j:plain

  

f:id:miketta-violinista:20210331155737j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210331155803j:plain

 

 ⑤ぬるま湯を少しずつ加えます。生地は柔らかめで、この段階では手にベタベタつく感じでOKです。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155826j:plain

 
⑥手でよくこねます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155839j:plain

 

 ⑦だんだん手につかなくなってきます。

f:id:miketta-violinista:20210331155900j:plain

 

 ⑧生地を2等分にします。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155917j:plain

 

 ⑨天板の大きさに合わせて、麺棒で四角くのばします。

 

f:id:miketta-violinista:20210331155933j:plain

  

f:id:miketta-violinista:20210331155951j:plain

 

 ⑩オイルを塗っておいた天板にのばした生地を敷きます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160015j:plain

 

 こんな感じに敷きつめます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160031j:plain

 

 ⑪先ほど炒めておいた、たまねぎをのせます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160053j:plain

  

f:id:miketta-violinista:20210331160116j:plain

  

f:id:miketta-violinista:20210331160142j:plain

 

 ⑫ブラックオリーブを並べます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160203j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210331160228j:plain

 

 ⑬アンチョビを、小さくちぎりながらのせます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160247j:plain

  

⑭ここで、レシピの半分の量の砂糖をふりかけます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160313j:plain

 

⑮先ほど残しておいた半分の生地をのばしてフタをします。(周りを外側から内側に向かって巻き込むようにしておさえておきます、)

 

⑯フォークで数か所穴を開けておきます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160338j:plain

 

f:id:miketta-violinista:20210331160407j:plain

 

 ⑰フタの表面に、オリーブオイルをかけます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160431j:plain

 

 ⑱オイルを、手でまんべんなくのばします。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160458j:plain

 

 ⑲レシピの残り半分の量の砂糖を表面にふりかけます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160516j:plain

 

⑳200℃に温めておいたオーブンで、20分ほど焼きます。

 

f:id:miketta-violinista:20210331160539j:plain

 

 ㉑表面が、きつね色に焼けたら出来上がりです!

(お砂糖がかかっていて、焦げやすいですので、途中で焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて焼いてくださいませ)

 

f:id:miketta-violinista:20210331160559j:plain

 

こんがり焼けたら、オーブンから出して、出来上がりです!。

 

切り分けて、お皿に盛り付けて、いただきま~す!

 

f:id:miketta-violinista:20210401194052j:plain

 

冷めても美味しく頂けて、持ち運びもしやすいですので、復活祭(イースター)の時のピクニックなどに持って行ったりします。

 

(昨年同様今年もコロナ禍で、イタリアでは、残念ながらピクニックはおろか、外出もままなりませんが…)(ToT)

 

 

1日も早く、世界中のコロナ禍が収束しますように!

Auguro che questa brutta situazione del covid nel mondo finisca il piu' presto possibile!!

 

 

関連記事

miketta-violinista.hatenablog.com

 

miketta-violinista.hatenablog.com

 

miketta-violinista.hatenablog.com

 

miketta-violinista.hatenablog.com

 

miketta-violinista.hatenablog.com

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp

 

hb.afl.rakuten.co.jp