イタリアのすすめ

イタリアについてのあれこれを書き綴ったブログです。時々本業のクラシック音楽についても語ります。どうぞよろしくお願いいたします。

チョコにまつわる悲しき?エピソード&バレンタインデーに贈りたい【おすすめチョコレート】

今週のお題「チョコレート」

 

「チョコレート」といえば…

以前弾いていたオーケストラの、楽員の仲間うちで今でも、語り草となっている、悲しくも大笑いしてしまうエピソードを思い出しましたので、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

チョコレートにまつわる悲しき?!エピソード

 以前、トリノという街へ、オーケストラの演奏旅行で行った際、たまたまイタリアの「NOVI」というチョコレートメーカーが演奏会のスポンサーだったことがありました。

 

f:id:miketta-violinista:20210201123940j:plain

 

 

普段は、演奏会のスポンサーについては、ほとんど気にかけない楽員全員が、その時ばかりは「チョコレートの会社」なのだし、ひょっとするとお土産にチョコレートが振舞われるかも?!という淡~い期待?に胸を弾ませておりました。

 

すると、演奏会の後で、主催者の方から楽員全員に「おみやげ」!?の大きな包みが、ひとり1個ずつ配られたのです!!

(チョコレートにしては、かなり大きめの包みでした!ワクワク ♡)

 

「やっぱり!おみやげに、チョコレートをプレゼントしてくれた!!さすが、大きなチョコレート会社だけのことはあるね~!太っ腹!!」などと口々に言い合いながら、みんな笑顔でそれぞれ家路に向かい、自宅に戻って包みを開けてみると…

 

なんと!!!!

 

淡~い期待?は見事に打ち砕かれ?!チョコレートではなく、

1903年から始まった会社(企業)の歴史」という名の、

ハードカバーの豪華本!?が包みの中からか出てきたのです!

 (゚Д゚;) ええっ!?そんな~(泣)

 

こちらの写真が、その時頂いた「ハードカバーの豪華本」です!

今でも自宅の本棚に、どっかりと鎮座しております。(~_~;)

 

f:id:miketta-violinista:20210201153533j:plain

 

 中身は会社の歴史!?

f:id:miketta-violinista:20210201153853j:plain

 

パッケージの変遷???(デザイン的には結構ステキだと思いますが…)

f:id:miketta-violinista:20210201153928j:plain

 

おいしそうですね! (; ・`д・´) プンプン!!

f:id:miketta-violinista:20210201153947j:plain

 

花より団子?の私には、会社の成り立ちよりも板チョコの方が魅力的だったのですが…

(^▽^;)

 

注:

念のためおことわりしておきますと…

この個人的「おみやげエピソード」?!が原因で、NOVIのチョコレートが以下に挙げるおすすめランキングに入っていない訳ではありません! (;^ω^)

 

日本国内で購入できるものの中から厳選したためです。(笑)

 

 

独断で選んだ?!ヨーロッパの老舗メーカー「おすすめチョコレートランキング」

 

明日はいよいよ、バレンタインデーですね!

 

意中の♥あこがれの人にどんなチョコレートを贈るか、もうお決まりですか?

 

f:id:miketta-violinista:20210201123834j:plain

 

あちらこちらで、様々なタイプの美味しそうなチョコレートが売られているのを目にするたびに、どんなチョコレートを贈ろうか、選択肢が多すぎて迷ってしまいますが…

 

可愛らしいラッピングなどの外見も大切ですが、せっかくの大切な人へのプレゼントですので「おいしさで不動の人気を誇るチョコレート」を選んで贈りたいですよね!

 

そこで、これまで自身が食べたことがあるもので、特に美味しいと感じたチョコレートの中から、人気の老舗メーカーを厳選し「おすすめランキング」にしてご紹介いたします。

 

(わたくし、こう見えても?チョコレートの味には、ちょっとうるさいんですよ!)

( *´艸`)

 

どんなチョコレートを贈ろうかなぁ、と迷った時の参考にしていただければ嬉しいです!

 

f:id:miketta-violinista:20210201153611j:plain

 

 

ご紹介するのは、

  • スイスの老舗ブランド「リンツ」の「リンドール」
  • イタリアでも大人気、「カファレル」の「ジャンドゥイオット」
  • 言わずと知れたベルギーの老舗「ゴディバ
  • ヌテッラでお馴染みのブランド「フェレッロ」
  • ウィーン王室御用達ブランド「デメル

 

堂々の【第1位】リンツ

言わずと知れた、スイスの老舗メーカー「リンツ」の「リンドール

 

少々お値段が張るのが玉にキズなのですが、この美味しさを知ってしまうと、ついつい手が出てしまう~ 

…って、今回は自分用に選んでいる場合ではなかったですね!失礼いたしました!(^▽^;)

 

美味しさで選ぶならこのブランド一択!と個人的、独断的に断言いたします。

 

「おおっ、ずいぶん大きく出たな… 」というツッコミが聞こえてきそうですが、本当におすすめです!

 

 

 

 続いて、【第2位】カファレル

 トリノの老舗チョコレートメーカー「カファレル」の「ジャンドゥイッオット

 

こちらのチョコレートには、トリノの位置するピエモンテ州の特産品Nocciola(ヘーゼルナッツ)が使われていて、イタリアでは知らない人のいない、大人気のチョコレートです。 

 

1806年にナポレオンの大陸封鎖令によりイタリアでは、チョコレートの原料のカカオが不足。

それを補うため特産品のヘーゼルナッツを粉にしてチョコレートに混ぜて作られたのが始まりでした。

 

このチョコレートのこの独特な形は、カーニバルのパレードのキャラクター「ジャンドゥイオット」がかぶっていた三角の帽子をかたどったものだと言われています。

 

 

  

 

【第3位】 ゴディバ

こちらも言わずと知れた、日本でも大人気のベルギーのチョコレート「ゴディバ

 

 こちらも、お値段はちょっぴりお高いのですが、その素晴らしい美味しさは、みなさまもご存知なのではないでしょうか?

 

 

 

【第4位】ロシェ

 こちらは、「ヌテッラ」で有名な、イタリアのブランド「フェレッロ・ロシェ

 

まんまるのチョコレートの中には、サクサクのウエハースとヘーゼルナッツが入っていて、カリッと香ばしくて美味しいです!

 

 

  

 

 日本では、ピーナツやアーモンドとチョコレートの組み合わせがい多いですが、イタリアでは、 ヘーゼルナッツとチョコレートの組み合わせはとてもポピュラーです。

 

f:id:miketta-violinista:20210201123952j:plain

 

【第5位】デメル

オーストリアのウィーン王宮御用達、チョコレートケーキ「ザッハトルテ」でも有名な「デメル」 

 

 猫ちゃんの舌をイメージした形のチョコレート。

なめらかな口溶けのチョコレートです。パッケージのデザインも可愛らしいですね。 

 

  

 

デメルの「ザッハトルテ」はこちらからご覧になれます。

hb.afl.rakuten.co.jp

 

 

 以上、国内で購入できる、ヨーロッパの人気老舗ブランドのチョコレートのおすすめランキングでした。

 

 さて、お気に入りは見つかりましたか?

 

f:id:miketta-violinista:20210201123927j:plain

 

 

それでは、大切な人の笑顔 ♡ を想像しながら、ピッタリのチョコレートを見つけてプレゼントしてくださいね!!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チョコレートが苦手な方へのプレゼントには、こちらも、おすすめです!